義務警察は2023年までに廃止される!

 

芸能人が兵役に入るとき、重宝されてきたのが代替制度の義務警察だ。今までに義務警察で兵役を終えた芸能人が本当に多かった。しかし、その義務警察が2023年までに廃止されることが決まっている。




少子化が原因

そもそも義務警察は、1971年に創設された戦闘警察が母体になっている。この戦闘警察は、北朝鮮のスパイ摘発とデモの鎮圧を主な目的としていた。
戦闘警察から派生するかたちで1982年に義務警察が誕生し、兵役の代替制度として定着していたのだが、最近になってかなり事情が変わってきている。
1つは、本来の任務であった北朝鮮のスパイ摘発やデモの鎮圧がほとんど必要なくなってきている。
実際、戦闘警察は2013年に廃止になっているし、義務警察が規模の縮小や廃止に向かうのは必然的な流れなのである。
特に、義務警察の廃止問題には少子化が大きく関係している。
2000年以降に少子化が極端になり、2020年あたりから成人男子が少なくなって、現役兵の人員も不足することが予測される。
そのような状況の中で、兵役の代替制度として活用されてきた義務警察も変わらざるをえない。




わかりやすく言えば、代替制度の義務警察に兵役履行者を行かせる余裕がなくなったことが、義務警察の廃止の理由なのだ。
2017年の段階で、義務警察には2万5900余名が所属していた。この人数を毎年20%ずつ削減して、2023年までに完全に義務警察を廃止することが、韓国政府の当面の計画だ。
以上のような国家的な政策によって義務警察は廃止されていくのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

除隊日情報!2019年上半期は大物芸能人の除隊ラッシュになる

芸能人が兵役で入ることが多い「義務警察の広報団」とは何か

義務警察とは何か!兵役の代替制度の基本を知る

「芸能兵」の廃止が芸能人の兵役にどう影響したのか

芸能人の兵役は一般の人より厳しくチェックされる!

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る