『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

 

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』を見ていると、900年以上も生き続けているキム・シンという主人公をコン・ユが特別に演じたという「キャスティングの妙」を強く感じる。コン・ユはキム・シンの孤独を自分の分身のように演じきっていた。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




キム・シンの悲しみ

今の世界では、多くの人が生きることに追われている。物事をじっくり考える時間を持てないのが現実だ。
しかし、コン・ユを見ていると、常に思考の中に生きているように見える。彼の真骨頂は、自分自身と周囲の人たちについて徹底的に考え抜いていることではないだろうか。それが知性につながっていく。
そういう意味でも、『トッケビ』でコン・ユが900年以上も生き続けているキム・シンを演じたのは象徴的だった。
そのコン・ユは、キム・シンの精神性にどう迫ったのだろうか。
「キム・シンという人物が持つ歴史と生い立ちが、『トッケビ』というドラマにおいてとても重要なポイントになっていたと思います。キム・シンが心の奥底に抱えている寂しさ、哀しみ、真実性……それを持ったまま生きた彼の人生と歴史が視聴者を納得させる役割を果たしたのではないでしょうか」
ここでコン・ユは「視聴者を納得させる役割」について言及している。




実際には思慮深い彼がキム・シンに扮したからこそ、視聴者は納得できる部分を持つことができたと思われるのだが、謙虚なコン・ユは自分のことをさておいて、キム・シンというキャラクターの存在感こそがドラマの生命線だったと捉えている。
「一言で言えば、900年はとてつもなく長い時間です。キム・シンが屋上から世の中を見下ろしているとき、その表情はいつも寂しそうでしたが、それは人生を達観していたからではないでしょうか」
「彼は、多くの人が死んでいくのを1人で見送ってきました。そんな悲しい感情が蓄積されていって、それが彼の表情にあらわれていたのだと思います」
「現実の世界でも、人はみんな愛する人たちとの永遠の別れを迎えなければなりません。私自身も経験していることです」
(ページ2に続く)

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

今の韓国ドラマなら『トッケビ』を絶対見たい!

『トッケビ』で演技を絶賛されたコン・ユ

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

ページ:

1

2

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る