まもなく最終回の『オクニョ』に登場する「史上最悪の夫婦」とは?

 

NHK総合テレビで放送の『オクニョ 運命の女(ひと)』は、もうすぐ最終回となる。このドラマの登場人物には実在した人が多いが、その中で「史上最悪の夫婦」と称されるのが尹元衡(ユン・ウォニョン)と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)だ。




悪女2人で仕組んだワナ

極貧の中で育った鄭蘭貞は、上昇志向がとても強かった。
権力がある男を見つけようとして妓生になり、もくろみどおりに尹元衡に近づいた。もちろん、尹元衡が文定(ムンジョン)王后(11代王・中宗〔チュンジョン〕の三番目の正室)の実弟であることを知っていた。
こうして尹元衡の妾になった鄭蘭貞は、紹介を受けて文定王后に会うことができた。
文定王后は、鄭蘭貞の抜け目のなさを見抜いた。そのうえで、手先として使えると確信した。
当時、文定王后は、中宗の側室だった敬嬪(キョンビン)・朴(パク)氏の追放を画策していた。
そして、文定王后と鄭蘭貞が組んで起こしたのが1527年の「灼鼠(しゃくそ)の変」だった。




それは、どんな出来事だったのか。世子(セジャ/王の正式な後継者)が住む屋敷の庭に、火にあぶられたネズミの死体が木にくくられていたのだ。それだけでなく、王宮の中心地でも焼け死んだネズミが見つかった。
世子は子年の生まれだった。不可解な出来事は世子の将来を不吉に見せる仕業だったのである。
疑われたのが、敬嬪・朴氏だった。彼女は、文定王后と鄭蘭貞によって悪い噂を流されてしまっていた。
結局、敬嬪・朴氏は王宮から追放された。文定王后と鄭蘭貞が仕掛けたワナにはまったのだ。
(ページ2に続く)

『オクニョ』に登場する一番の悪女は誰か?

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

2人の悪女!文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

明宗(ミョンジョン)はどんな国王だったのか

鄭蘭貞(チョンナンジョン)の人生は悪に染まっていた

文定(ムンジョン)王后ほどの悪女が他にいたのか

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る