ファン・ジニ(黄真伊)の華麗なる人生に迫る!

 

16世紀前半の11代王・中宗(チュンジョン)の統治時代に、ファン・ジニ(黄真伊)は実在していたのだが、生まれた年も死んだ年もわかっていない。彼女はまた、その時代の著名な学者や風流人とかなり交流していたはずなのに、あまり記録が残っていない。それは、ファン・ジニが妓生(キセン)だったからなのだろうか。

庶子として生まれた

ドラマ『ファン・ジニ』の脚本を書いたユン・ソンジュがこう語っている。
「脚本家になる前に、国語の教師をしていたことがあります。授業では、ファン・ジニの詩を教えました。そんな自分が、まさか、ファン・ジニを主人公にしたドラマを書くことになるなんて……。想像もできなかったことです」




苦笑するユン・ソンジュだが、国語の授業で取り上げられるほど、ファン・ジニは韓国で有名な女流詩人なのである。
もともとファン・ジニは、両班(ヤンバン/朝鮮王朝時代の貴族階級)の庶子として松都(ソンド/現在の開城〔ケソン〕)に生まれた。
身分制度が厳格だった朝鮮王朝だけに、庶子はきびしく差別された。
それでも、ファン・ジニはたぐいまれな才能を持っていて、小さい頃から学問に習熟して詩を書いたという。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

国王になれなかった「悲劇の五大世子」とは誰か

貞明(チョンミョン)公主!苦難を乗り越えて大地主になった王女

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る