国王になれなかった「悲劇の五大世子」とは誰か

 

朝鮮王朝で国王の正式な後継者のことを世子(セジャ)と言うが、国王の座を約束されていながら即位できなかった5人を取り上げてみよう。それは、李芳碵(イ・バンソク)、懿敬(ウィギョン)世子、昭顕(ソヒョン)世子、思悼(サド)世子、孝明(ヒョミョン)世子である。




生を奪われた3人

◆李芳碵(イ・バンソク)
〔1382~1398年〕
朝鮮王朝を建国した李成桂(イ・ソンゲ)の八男。幼いときから聡明で、1392年にわずか10歳で世子(セジャ)に指名された。しかし、この決定には無理があった。野望を持つ兄があまりに多かったからだ。1398年に「王子の乱」が起きて異母兄の芳遠(バンウォン/後の3代王・太宗〔テジョン〕)に殺されてしまった。

◆懿敬(ウィギョン)世子
〔1438~1457年〕
7代王・世祖(セジョ)の長男で、世祖が甥の端宗(タンジョン)から王位を奪って即位したあとに17歳で世子となった。学問を好み優秀な若者であったが、身体が弱く、19歳で早世した。重病になったとき、21人の僧侶が必死に回復のための祈祷を行なったが、死を避けられなかった。後に、懿敬世子の息子が即位して、9代王の成宗(ソンジョン)になっている。




◆昭顕(ソヒョン)世子
〔1612~1645年〕
16代王・仁祖(インジョ)の長男。1637年に人質として清に連行された。8年後、ようやく人質から解放されて帰国したが、外国にかぶれたことを理由に仁祖から疎(うと)まれ、わずか2か月後に急死。葬儀も仁祖によって異様なほど冷遇された。後には、仁祖と側室による毒殺説も流布している。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

パク・ボゴムが『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨンを魅力的に分析!

決定版!朝鮮王朝を揺るがせた「5人の悪女」

『不滅の恋人』を理解するための歴史解説!

『不滅の恋人』に登場する2人の王子は歴史的にどう対立したか?

思悼世子(サドセジャ)と恵慶宮(ヘギョングン)は険悪な夫婦だった!

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る