思悼世子(サドセジャ)と恵慶宮(ヘギョングン)は険悪な夫婦だった!

 

国王・英祖(ヨンジョ)の息子だった思悼世子(サドセジャ)と、高官・洪鳳漢(ホン・ボンハン)の娘であった恵慶宮(ヘギョングン)。2人は果たして、どんな夫婦だったのだろうか。




夫婦の息子は正祖

思悼世子と恵慶宮はともに1735年に生まれた。
2人は9歳のときに結婚した。
このとき、21代王・英祖(ヨンジョ)の息子だった思悼世子は世子(セジャ)になっていた。つまり、恵慶宮は結婚した時点で次の王妃が約束されていたのだ。
思悼世子と恵慶宮の間に最初の子供が生まれたのは、2人が15歳のときだった。
誕生したのは長男で懿昭(ウィソ)と命名された。
この子もいずれは王になる運命を持っていたはずなのだが、わずか3歳で病死してしまった。
夫婦の落胆は尋常ではなかった。




それも当然なのだが、終わる命があれば、始まる命もあった。長男が世を去った年に二男が生まれた。
その男の子が、後の22代王・正祖(チョンジョ)である。よく知られているように、ドラマ『イ・サン』の主人公だ。
結局、二男の下にも2人の娘が生まれた。思悼世子と恵慶宮の夫婦は二男二女をさずかったのである。
(ページ2に続く)

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)に自決を命じた!

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)の死後に後悔した!

英祖(ヨンジョ)は一体どんな国王だったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る