悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

 

朝鮮王朝の518年間の歴史を見ると、悲劇的な死を遂げた世子(セジャ)が3人いる。それが、昭顕(ソヒョン)世子と思悼(サド)世子と孝明(ヒョミョン)世子である。この3人はどのような最期を遂げたのだろうか。彼らの人生を振り返ってみよう。

写真=植村誠




昭顕世子(ソヒョンセジャ)

朝鮮王朝では、世子はおおむね5歳くらいで指名され、10歳ほどで結婚することが多い。東宮(トングン)とも呼ばれており、実際に王宮の中で東側に住んでいた。
世子には専門の官庁が用意され、毎日の勉学を通して帝王学を授けられた。こうして、国王になる準備に励むのである。
必然的に、国王が死ねば世子が次の王になる。しかし、朝鮮王朝の長い歴史の中では世子でありながら国王になれずに世を去った人たちもかなりいる。その中で特に有名なのが3人の世子だった。
1人目は、16代王・仁祖(インジョ)の統治時代に世子だった昭顕世子(ソヒョンセジャ)である。
彼は中国大陸を制覇した清の人質となり、1637年から1645年まで清に連行されたままだった。
しかし、昭顕世子にとってそれは辛い生活ではなかった。むしろ、西洋の宣教師たちが多かった清で、様々な先進的な文明に触れて大いに感化された。彼は、自分が国王になったときには新しい文明を朝鮮半島に持ち込もうと考えていた。




そして、1645年に人質から解放されて母国に戻った。ところが、清に侵略されて屈辱を味わった仁祖は常に清に強い恨みを抱いていて、清を称賛する昭顕世子に対して不信感を強く持った。
(ページ2に続く)

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)に自決を命じた!

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

イ・ヨンは祖父のイ・サンのような名君になる素質があった!

ページ:

1

2 3

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る