コン・ユが兵役について述べた「5つの重要な指摘」とは?

 

今や韓流を牽引するトップ俳優となったコン・ユ。彼は、公式の場で哲学的な人生観を披露することがよくある。そんな彼が兵役についてありのままに語ったことがあった。そこにはコン・ユの率直な心情が見えていた。




何を語ったのか

コン・ユが日本でファンミーティングを行なうときは、その発言にいつも注目していた。ブライベートを露出しないことを信条にしている彼だが、イベントのときには面白い話を連発して場を盛り上げてくれるのだ。
たとえば、こんな発言があった。
「以前から日本でショッピングがしたいと思っていました。日本には、韓国にないブランドがありますからね。今回はちょうど日本もセールが多くて、いろんな品が45~50%OFFでした(笑)。おかげでよい品を安く買うことができましたよ(笑)」
人気俳優がここまでディスカウントの話をするのは珍しい。
しかし、ファンからすれば、より親しみを持てるのでは?
本当にコン・ユは飾らない性格なのである。
そんな彼がCNNのインタビューを受けたことがあった。彼は、どんな質問にも理知的に答えられる哲学的な俳優なのだが、そのときも同様だった。
インタビューの中で、コン・ユは兵役について次のように語っている。




「純粋に喜ばしい気持ちを持って軍隊に行く男はいないと思います。おそらく、韓国のすべての男性がそのことに同意することでしょう」
「しかし、韓国で生きる男性にとって、兵役は選択の問題はなく、責任であり義務なのです。自分も軍隊を心配しましたが、といって他の方法を考えたことはありません」
(ページ2に続く)

コン・ユは2010年のファンミで何を語ったのか

パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

『トッケビ』で演技を絶賛されたコン・ユ

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る