コン・ユが兵役について述べた「5つの重要な指摘」とは?

兵役を通して成長!

さらに、コン・ユはこう述べている。
「2年間の服務を終えて、その2年というものがとても貴重な時間だったと感じました。男性として、俳優として、お金では買えない経験だったのです」
言葉は少なかったが、すべて本質を突いている。
コン・ユの兵役に関する発言は、重要な点を指摘している。
1つ目は、誰もが嫌々行かざるをえないということ。
2つ目は、韓国の男性にとって兵役は選択でなく義務だということ。
3つ目は、不安が募るが逃げることはできないということ。
4つ目は、兵役期間はとても貴重な時間になること。
5つ目は、兵役は俳優にとって掛けがえのない経験になること。
彼は短い発言の中で、上記の重要な5項目を盛り込んだ。コン・ユの発言力の的確さに感心する。




彼は除隊して日本でファンミーティングをしたとき、「除隊したあとに『老けた?』と言われるのが嫌なので、お肌の手入れを一生懸命しています(笑)」とユーモアたっぷりに語っていた。
コン・ユもまた、兵役を通して成長した俳優の1人なのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コン・ユは2010年のファンミで何を語ったのか

パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

『トッケビ』で演技を絶賛されたコン・ユ

ページ:
1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る