迷いながらも着実に進む「コン・ユという生き方」!

 

コン・ユは特別な才能を持っている。その異才を存分に発揮した作品の1つが『新感染ファイナル・エクスプレス』(原題は『釜山行き』)だった。邦題がかなり変わっているが、この映画を通してコン・ユの卓越した演技力を大いに堪能できた。




彼の出世作

コン・ユは1979年7月10日に生まれた。2001年にKBSドラマ『学校4』で俳優デビューし、2002年に『同い年の家庭教師』で映画に初出演してクォン・サンウと共演している。
以後も、テレビや映画で活躍。その中でも大ブレークのきっかけになったのが『コーヒープリンス1号店』だった。
このドラマでコン・ユは、骨太の演技と同時にとぼけた味を披露。そのコントラストがとても面白かった。
出世作となった『コーヒープリンス1号店』で、コン・ユ自身が特に印象的だったと語ったのはどのシーンだったのか。
「私が演じたハンギョルは、ウンチャン(ユン・ウネが演じていて、女性なのに男装していた)を男だと知りながら、それでも告白するシーンに妙なドキドキ感がありました。それまでそんなドキドキを感じたことがなかったので面白かったです。また、運転しながらウンチャンの電話を切った後に子供のように泣くシーンがあるのですが、2、3回テイクを繰り返すうちに涙があふれてきました。そのときは、『これ以上は出来ません』と監督に言うほど力が抜けてしまいました。自然に涙があふれてきたんです。ずっと演技をしてきて初めての経験でした」




この言葉を聞いていると、コン・ユがいかに全身全霊を傾けてハンギョルになりきっていたかがわかる。間違いなく、この『コーヒープリンス1号店』でコン・ユは俳優として大きな成果を得たのだ。
(ページ2に続く)

コン・ユが兵役について述べた「5つの重要な指摘」とは?

コン・ユは2010年のファンミで何を語ったのか

パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る