『麗<レイ>』でイ・ジュンギが演じた光宗(クァンジョン)の実像とは?

 

光宗(クァンジョン)は、高麗王朝では初代の王建(ワン・ゴン)に次いで有名な国王だった。その光宗を、ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』でイ・ジュンギが演じた。実際の光宗の栄光と苦悩の軌跡をたどってみよう。




大胆な法律で奴婢を解放

光宗は高麗王朝の4代王として949年に24歳で即位した。
その当時、王権は安定していなかった。
なんといっても、地方豪族の力が強すぎたのだ。彼らの中には高麗王朝の建国に尽力した功労者が多かったが、それゆえに政治に介入して「我こそが王朝の指導者にふさわしい」と欲を出す場合が多かった。
国王といえども、薄氷を踏む日々が続いた。
「なんとか地方豪族の力を抑えられないものか」
熟慮を重ねた光宗が956年に実施したのが「奴婢按検法」である。
これはどんな法律かというと、驚くほど大胆な改革法案だった。なにしろ、当時の身分制度で最下層に位置していた奴婢を解放しようとするものなのだ。
当時の奴婢には、もともとは平民であった人が多かった。それなのに、内乱が長かったために捕虜となった人や生活苦から借金をした人が、やむをえず奴婢にされていた。




そういう状況になってしまったのも、各地の豪族の力が強すぎたためである。彼らは奴婢をたくさん抱えて兵士として育て、それで権力を維持していたのだ。
(ページ2に続く)

再検証!イ・ジュンギが巻き込まれたブラックリスト問題

存在感が抜群のイ・ジュンギ『無法弁護士』が面白い!

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

イ・ジュンギ、ヒョンビン、東方神起ユンホ/入隊時に語った名セリフを思い出す

ページ:

1

2 3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る