朝鮮王朝の三大悪女を五大悪女にするなら誰を加えるべきか?

 

韓国時代劇を通して「朝鮮王朝の三大悪女」という呼び方がよく知られるようになりました。しかし、朝鮮王朝の悪女は3人だけではありません。仮に「五大悪女」にするならば、あと2人は誰を入れればいいのでしょうか。




張緑水と鄭蘭貞

最初に三大悪女の顔ぶれを見てみましょう。
それは張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)の3人です。
張緑水は、10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室です。2人がひたすら浪費したせいで、王朝の金庫が空っぽになったと言われています。実際、張緑水は金欲がすさまじかったようです。彼女が燕山君をそそのかして暴政を続けさせたのですから、悪女と呼ばれるのも当然でしょう。
結果的に燕山君は1506年にクーデターで失脚して、その後、島流しにあってすぐに死んでしまいますが、張緑水は燕山君が追放された直後に首をはねられました。その遺骸に向かって、人々は石塚ができるくらい石を投げました。
それほど恨まれていたのです。
2人目の鄭蘭貞は11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の王妃である文定(ムンジョン)王后の弟だった尹元衡(ユン・ウォニョン)に近づいて妾となり、その推薦を受けて、文定王后のそばで働くようになりました。
こうして手先になって数々の悪事を働いたのです。




やがて、尹元衡の妻を殺害して、妾から妻となります。尹元衡も悪人ですから、2人は最悪の夫婦と言えるでしょう。
文定王后が1565年に世を去ると、尹元衡と鄭蘭貞は後ろ楯を失って「殺される」とおびえました。すぐに都から田舎のほうに逃げましたが、結局は夫婦とも自害せざるをえなくなりました。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝の三大悪女の最期はこんなにも悲惨だった!

「3大悪女」よりもっと性格がひどい悪女だった側室は誰なのか

朝鮮王朝の「ウラの3大悪女」はなぜ恐ろしいのか

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る