人間の生死をどう描いたか/「トッケビ」セレクト3

 

実に不思議な世界観が展開されていた。『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』のことだ。奇怪な人々が次々に登場して、ドラマは「常識」では想像もできないような時空を行ったり来たりしながら、様々な人間の生死を視聴者に植えつけていった。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




人間は四度の人生を経験する

高麗時代の王に裏切られて胸に剣が刺さったまま900年間さまよい続けているキム・シン。
彼はなぜ900年も生き続けているのか。
それは、剣を抜けないからだ。胸に刺さった剣こそが、キム・シンを苦しめる元凶なのである。
その剣を抜いてもらえれば、彼は安らぎの世界に行ける。
しかし、その剣を抜けるのはトッケビの花嫁だけだ。
そんな花嫁はどこにいる?
キム・シンはずっと探しつづけてきた。世界中をさまよいながら……。
そして、ようやく見つけた。
それが高校3年生のウンタクだった。
ウンタクは、幽霊が見える女性だった。




不幸な生い立ちなのだが、キム・シンと出会ったことで、900年も生きている男の命運を握る絶対的な存在になった。
彼女はドラマの中で「人間は生まれ変わって四度の人生を経験する」という輪廻転生を教えられる。
その四度とは?
(ページ2に続く)

神秘な世界に酔う!/「トッケビ」セレクト1

韓国の視聴者はどう評価したか/「トッケビ」セレクト2

コン・ユ主演の『トッケビ』の大きな見どころはココだ!

コン・ユが主演した『トッケビ』を韓国の視聴者は「芸術」と捉えた!

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る