『82年生まれ、キム・ジヨン』でコン・ユの出演場面が増えた理由とは?

 

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が10月に韓国で公開される。同名の原作小説は2016年に発刊されて韓国で100万部以上のベストセラーになっている(日本で翻訳出版された同書は13万部以上発行のベストセラー)。これほど話題性がある映画でコン・ユはどんな演技を見せてくれるのか。




チョン・ユミとコン・ユの共演

原作小説の『82年生まれ、キム・ジヨン』は、韓国社会で女性が背負う重圧を様々なエピソードで表現していた。
映画もストーリーの骨子を受け継いでいる。チョン・ユミが主人公のキム・ジヨンに扮していて、その夫の役がコン・ユだ。
その夫……チョン・デヒョンは妻のこれまでの生き方を理解し、一緒に苦悩を分かち合おうとする。このように、チョン・デヒョンは妻に寄り添う優しい夫である。
この夫の出演シーンが映画では多いという。小説よりずっと出番が増えたのだ。
それについて映画の制作陣は、「コン・ユが出演することで、チョン・デヒョンのキャラクターが重厚になった」と説明している。
つまり、トップ俳優のコン・ユが扮するだけに、それに応じて役柄の比重が大きくなったというわけだ。
それは当然かもしれない。なにしろ、『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』以降3年ぶりにコン・ユが本格的な演技を見せる。




シナリオもコン・ユの出演に合わせて脚色されたのだ。
そんな中でコン・ユがどんな演技を見せてくれるのか。10月の公開に向けて期待が高まる。

文=「ヨブル」編集部

コン・ユ主演の映画を半年間に2本も見られるのは幸せ!

迷いながらも着実に進む「コン・ユという生き方」!

コン・ユとチョン・ユミ!『82年生まれ、キム・ジヨン』で三度目の共演

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る