FTISLANDのイ・ホンギが兵役の最初に受ける新兵訓練とは?

 

FTISLANDのイ・ホンギは2019年9月30日に白頭山部隊(第21師団)に入隊して5週間にわたる新兵訓練を受ける。その新兵訓練は果たして、どのように行なわれるのだろうか。




一番つらい訓練は?

9月30日に入隊すると、まずは新兵訓練の準備に入る。
改めて精密な健康診断を受けて、身体測定・性格判定などを行なう。
そのうえで、軍務をこなすための心構えをしっかり身につける。
いよいよ新兵訓練が始まる。軍人としての精神・敬礼・行進といったものを最初に徹底的に仕込まれる。さらに、軍歌と軍人用体操を覚える。
次に、軍事的な訓練に移っていく。
中心となるのが射撃訓練だ。25メートル先の標的を正確に撃つための様々な訓練が行なわれる。
さらには、手榴弾の扱い方や投げ方を覚える。命にも関わるので、100%の安全性を確認しながら行なわなければならない。
また、敵が化学ガスを使ったときに備えた化学ガス訓練も行なわれる。この訓練は本当に大変だ。
どの新兵に聞いても「化学ガス訓練が一番つらかった」と答えるだろう。




さらには、救急法などを徹底して学んでいく。ケガを負ったときの処置や人工呼吸の方法などを身につけるが、これは、兵役が終わって社会に復帰した後も、とても役立つ技術である。
(ページ2に続く)

FTISLANDのイ・ホンギが入隊する白頭山部隊(第21師団)とは何か?

9月30日に入隊するFTISLANDのイ・ホンギの除隊日はいつ?

2PMのウヨンが入隊した白頭山部隊(第21師団)とは何か

芸能人の兵役がこんなに影響される3つの変化とは?

兵役中に芸能人はどんなふうに過ごしているか

今後半年間に除隊する主な韓流スターは誰なのか

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る