現代と過去が交差する珠玉の物語!/「トッケビ」セレクト7

 

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』でコン・ユが扮した主人公のキム・シンは、高麗時代から900年以上も生き続けている人物だった。しかも、胸に剣が刺さったままなのだ。奇怪な設定で一歩間違えるとキワモノ扱いされそうだが、コン・ユの存在感があったからこそ、『トッケビ』は重厚なファンタジー作品になっていた。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




人間はどう生きるのか

『トッケビ』が描く世界は変わりすぎている。
人間が900年以上も生きているし、ドアを一歩出れば地球の反対側になってしまう。しかも、特定の人に見える幽霊や魔術的な死神まで現れ、空想と現実が行ったり来たりしている。
そういう展開になったのには理由がある。「生」と「死」が交差する世界で人間はどう生きるか、ということがテーマになっているからだ。
印象的なセリフがある。
「人間は生まれ変わって四度の人生を経験する。一度目は種を植え、二度目は水をやり、三度目に収穫して、四度目に食べる……」
このセリフも、輪廻転生を繰り返しながら人間が何かを悟っていく過程を暗示しているかのようだ。




もちろん、中心に位置していたのは、900年以上も生きるキム・シンだ。この主人公を演じたコン・ユは、何を心掛けていたのだろうか。
(ページ2に続く)

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

コン・ユが演じた重要な場面とは?/「トッケビ」セレクト5

コン・ユこそがトッケビそのものでは?/「トッケビ」セレクト6

コン・ユ主演の映画を半年間に2本も見られるのは幸せ!

パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る