コン・ユが『トッケビ』について語った大胆な発言に注目!

 

コン・ユはKBSの番組「芸能街中継」に2019年10月4日に出演したが、その際の発言がとても印象的だった。それは、彼が『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』をどれだけ特別な作品だと思っているかを物語るものだった。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




果たして誰が「神」なのか

コン・ユは「芸能街中継」にチョン・ユミと一緒に出演した。
2人は映画『82年生まれ、キム・ジヨン』で共演しており、その宣伝を兼ねた出演だった。
それだけに、トークは『82年生まれ、キム・ジヨン』に関するものが多かったが、他にも、コン・ユが『トッケビ』について語る場面があった。
彼は、今までに演じた役柄の中で『トッケビ』のキム・シンが代表的なキャラクターだと語ったあとで、次のように述べた。
「ドラマの中で神の役を演じましたが、まるで私が世の中を手に入れたかのような気持ちになりました」
この言葉の大胆さに驚く。
日頃からとても慎重な性格のコン・ユが「世の中を手に入れたかのような気持ち」と強調したのだ。




彼がどれほど『トッケビ』に強い思い入れを持っているかが察せられた。
この『トッケビ』といえば、シナリオを書いたキム・ウンスク作家の構成力が見事だった。そのキム・ウンスク作家が5年越しで出演を熱望したのがコン・ユであった。
彼はその期待に応え、『トッケビ』を最高のドラマに導いた。
まさに、このドラマにとってコン・ユこそが「神」であったに違いない。

文=「ヨブル」編集部

俳優魂が覚醒したコン・ユの新たな演技スタイルとは?

10月公開の『82年生まれ、キム・ジヨン』!コン・ユの演技は?

コン・ユは『トッケビ』を「30代を飾る作品」と言い切った!

韓国の視聴者はどう評価したか/「トッケビ」セレクト2

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る