『オクニョ』を10倍楽しむための基本解説!

暗黒の1550年代

文定王后の弟が尹元衡(ユン・ウォニョン)だ。彼は、能力的に凡庸なのだが、姉の文定王后の引き立てによって政治の中枢を担っていた。
この尹元衡の妾だったのが鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)で、「朝鮮王朝三大悪女」の1人に数えられる女性だ。彼女は、文定王后の手先として王宮の中で様々な悪に手を染めたと言われている。
最終的に、鄭蘭貞は尹元衡の妻を殺して、自分がその後妻におさまっている。
このような人間関係を見ていくと、国王の明宗を取り巻くように母の文定王后、母の弟の尹元衡、その妻の鄭蘭貞の3人が「悪のトライアングル」を形成して王宮内で跋扈(ばっこ)していた。
1550年代は干ばつが続いて、庶民の生活が非常に苦しかった。餓死者も多く出ているほどだ。それなのに、最高の権力を持った文定王后は、身内で政治を牛耳って賄賂を横行させた。このように政治が腐敗したことで、庶民の暮らしはさらに苦しくなった。




明宗は善良な国王であったのだが、母をはじめとする取り巻きによって常に苦しい立場に追い込まれていた。
いわば、1550年代は朝鮮王朝にとって暗黒だったと言える。そんな時代を舞台にしているのが『オクニョ』なのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『オクニョ』に登場する鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)はどんな悪女?

『オクニョ』に出てくる実在の人物は悪人ばかり!

『オクニョ』に出てくる典獄署(チョノクソ)は刑務所のこと?

『オクニョ』の史実!文定(ムンジョン)王后が明宗(ミョンジョン)の命を縮めた

『オクニョ』で強烈な悪女として描かれた文定(ムンジョン)王后!

『オクニョ』でチン・セヨンが扮した茶母(タモ)とは何か?

ページ:
1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る