「ほぼ最後の芸能兵」であったイ・ジュンギの兵役とは?

 

イ・ジュンギは2010年5月から2012年2月まで兵役を務めた。彼が軍隊で所属したのが国防広報院だった。この国防広報院の広報支援隊員は「芸能兵」と称された。それは、軍隊内の慰問公演や軍の広報に務める兵士だったからだ。

 




風当たりが強くなった

国防広報院の広報支援隊員は、軍の広報やイベントを率先して行なう兵士であり、配属されるのも俳優やアーティストなど知名度の高い人物に限られていた。
それゆえ、芸能兵は、皮肉をこめて“国内最高のエンタテインメントのグループ”と揶揄されることもあった。
芸能兵は広報を担当するという性質上、一般大衆の前に姿を見せる機会も多く、韓流スターの入隊時には芸能兵に配属されることを願うファンもたくさんいた。
そんな芸能兵制度が批判されることになったのが2011年だ。ある議員が過去3年間の資料を調査してみると、多くの芸能兵たちが90日以上の休暇を取っていることが発覚した。
中には、150日以上の休暇を過ごしていた人までいた。
この一件で芸能兵に対する風当たりが強くなったが、さらに不祥事も起きた。
2012年の年末には兵役中のRain(ピ)が禁止されている携帯電話を所持し、さらに、広報活動で済州島に遠征した際に豪華スイートルームに宿泊していたことがスクープされた。




軍服務中は格安の民間施設に泊まることすら許されない。近隣の軍施設に宿泊するのが大原則である。軍施設以外での宿泊は外出と判断されるからだ。
それだけではなかった。
(ページ2に続く)

兵役で「イ・ジュンギの無念」が繰り返されてはならない!

兵役はイ・ジュンギをどのように変えたのか

イ・ジュンギこそが永遠のチャレンジャー!

『無法弁護士』のイ・ジュンギは最高だ!

イ・ジュンギがインスタで「宇宙をぶち壊すようなテンション」と言った真意は?

『無法弁護士』のイ・ジュンギ!視聴者の期待以上のものを見せてくれる

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る