文定王后(ムンジョンワンフ)の悪行/朝鮮王朝の波乱万丈12

 

1544年、朝鮮王朝の11代王・中宗(チュンジョン)は臣下たちの権力争いに苦しめられていた。そうした気苦労は中宗の体調を悪化させた。病に倒れた中宗は、長男に王位を譲った翌日に亡くなった。




献身的な息子

中宗の長男が12代王の仁宗(インジョン)として即位した。29歳だった。
生まれつきからだが弱かった彼が王の座にあったのはわずか8カ月という短い期間だった。これは、朝鮮王朝27人の王の中でもっとも短い。
しかし、当時の人たちは仁宗を聖君と崇めた。それは、彼が儒教の教えをしっかり守り、家族を大事にしていたからだ。
仁宗は生まれて1週間ほどで母親の章敬(チャンギョン)王后を失った。その後、中宗の正室になったのが文定(ムンジョン)王后である。仁宗からすれば、継母に当たる。
中宗は、仁宗に対しては、優しさと厳しさを持って教育した。
そのことに感謝した仁宗は、中宗が病に伏せると、臣下たちを集めて「父上が食べる食事と薬は一度私に渡すように」と厳命した。毒見係を買って出たのである。
また、仁宗はどんなに寒くても毎日、冷たい水を浴びて中宗の回復を祈った。




「私がしていることは、無意味なことかもしれない。しかし、父のためにできることがあるなら、私はなんだってやってみたい」
しかし、仁宗の献身的な気持ちは実らなかった。
(ページ2に続く)

明宗(ミョンジョン)の悲しみ/朝鮮王朝の波乱万丈13

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

ページ:

1

2 3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る