『トンイ』と史実!張禧嬪(チャン・ヒビン)の最期がまるで違う

 

1701年、19代王・粛宗(スクチョン)の側室だった張禧嬪(チャン・ヒビン)は、亡くなった仁顕(イニョン)王后に対して呪詛(じゅそ/呪い殺す儀式のこと)をした罪で死罪となった。そのときの描き方は、史実とドラマ『トンイ』では、どのように違うのだろうか。




奇怪な行動

まず、史実から見てみよう。
記録によると、張禧嬪は死の前に「ぜひ息子に一目会わせてください」と粛宗に願った。粛宗は拒否したが、張禧嬪があまりに懇願するので最後は情にほだされて、張禧嬪と息子(後の20代王・景宗〔キョンジョン〕)の面会を許した。
この世の終わりに13歳の息子と会えた張禧嬪。万感の思いで息子を抱きしめるのかと思ったら、なんと、息子の下焦(ハチョ/膀胱の上のあたり)を強く握りしめて離さなかったらしい。
息子は衝撃で気を失ってしまった。
なぜ、張禧嬪は奇怪な行動に出たのか。
まさに、永遠の謎である。
ドラマ『トンイ』では張禧嬪の最期が次のように描かれた。
イ・ソヨンが演じた張禧嬪は、息子に会いたいと願うが、それは許されなかった。




泣き叫ぶ張禧嬪。彼女は、ハン・ヒョジュが扮したトンイ(史実では淑嬪〔スクピン〕・崔〔チェ〕氏)を見つけるとすぐに駆け寄り、ひざまずいて絶叫する。
「これから息子を守ってくれるのはあなたしかいない。私があれほど恨んだあなただけなの……」
ここでトンイは顔をそむけてしまう。それでも張禧嬪はトンイにすがり、声を枯らして叫ぶ。
「すべてのことは私が死ぬことで持って行く。だから、せめて息子だけはあなたが守って! 私の最後のお願い……、どうか息子だけは守って!」
張禧嬪はトンイの服のすそを必死につかんで懇願する。そこには気高い女性の自尊心はなかった。
結局、哀れな姿をさらした後で、張禧嬪は自害に追い込まれた。
(ページ2に続く)

トンイ(淑嬪・崔氏)は陰で何を画策していたのか?

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

朝鮮王朝で評判がひどかった「最悪の10人」とは?

決定版!朝鮮王朝を揺るがせた「5人の悪女」

朝鮮王朝最高のシンデレラは女官から王妃になった張禧嬪(チャン・ヒビン)

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る