『トンイ』と史実!張禧嬪(チャン・ヒビン)の最期がまるで違う

ライバル対決の終わり

ドラマの展開上は、張禧嬪がトンイにぶざまに屈伏する形になった。それを象徴するのが、張禧嬪がトンイの服のすそをつかみながら「せめて世子だけは守って」と懇願する場面だった。
史実ではありえない話だ。
しかし、ドラマではここが見せどころになっている。
「自尊心が強くて高慢で嫉妬深い女性が、謙虚で思いやりがあって明るい女性をとことんいじめ抜くが、最後の最後になって自分の負けがわかるとぶざまにひざまずく」
このように立場が逆転する展開は、現代劇でも時代劇でも、「ドラマの王道」と言ってもいい。




その王道に忠実に『トンイ』は制作され、張禧嬪の最期をもって2人のライバル対決は終わったのである。
歴史書に残る史実では、張禧嬪が死罪になる前に淑嬪・崔氏に会った形跡はまったくないのだが……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

トンイ(淑嬪・崔氏)は陰で何を画策していたのか?

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

朝鮮王朝で評判がひどかった「最悪の10人」とは?

決定版!朝鮮王朝を揺るがせた「5人の悪女」

朝鮮王朝最高のシンデレラは女官から王妃になった張禧嬪(チャン・ヒビン)

ページ:
1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る