韓国ではいまだに芸能人を低く見る傾向があるのか?

 

どの国も芸能人の私生活は大衆の関心の的ですが、韓国はすこし違うところがあります。歴史的にみると、芸能に関わる人たちは最下層の身分と見なされてきましたし、その傾向が長く続いたのです。




歴史的な背景は?

韓国は以前、芸能人を低く見る傾向が強烈でした。
これには歴史的な背景があります。古来、西洋でも東洋でも芸能人の身分は低いものでした。貴族に庇護される一部の人を除いて、芸能に関わる人はほとんどが社会の下位階級に属していました。
しかし、近代に入り、市民が経済の主軸になり、低い身分でも大衆に人気を得ることでその処遇は変わってきました。人気がある芸能人はスターになって名誉も富も得ることができるようになったのです。
その端的な証が劇場です。公演だけをする常設の劇場というものは、庶民が娯楽として代金を払って芸能を楽しむ風習が定着した後にできたものです。
しかし、文化的な共通点の多い日本・韓国・中国の中で、韓国だけは常設の劇場を持っていませんでした。
それは、儒教の影響で韓国が「礼楽」を重んじてきた結果です。「礼楽」の「楽」は、狭義には音楽を、広義には人間の調和を意味します。古くから韓国で音楽が重んじていたとはいえ、「楽」と認められたのは数種類の音楽だけでした。それ以外の音楽と芸は全部汚れたもののように扱われたのです。




そんな中でも伝統芸能のパンソリなどは庶民文化から生まれましたが、体系的に確立したのは20世紀に入ってからで、芸能は長い間、卑賤な行為とされてきました。その名残はつい最近まで残っていました。
(ページ2に続く)

パク・ソジュンとパク・ミニョンの共演が『キム秘書』を傑作に導いた!

イ・ミンホの復帰作『ザ・キング:永遠の君主』が凄い!

NHK・BSでチョン・イル主演の『ヘチ』が放送スタート!

パク・ボゴムが2020年公開の『徐福』で人類初のクローン人間に挑戦!

『トッケビ』からずっとコン・ユとイ・ドンウクの友情が続く!

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る