パク・ソジュンが語ると『キム秘書』がさらに面白くなる!

 

パク・ソジュンとパク・ミニョンが共演した『キム秘書はいったい、なぜ?』。ラブコメの新たな指標になるほど面白いが、究極のナルシストを演じたパク・ソジュンは演じながら何を感じていたのだろうか。




俳優としての多様性

パク・ソジュンは『キム秘書はいったい、なぜ?』の撮影が始まった当初、戸惑いばかりが大きかったという。
「とてもキザな役を演じたので、撮影が始まったばかりのころは私も耐えるのが辛いと思うほどでした。なぜなら、ヨンジュンはナルシストで、あまりに自己愛が強い男だったからです」
パク・ソジュンは本来の自分自身について「客観的で、冷静で、ときには悲観的なこともあります」と分析している。
その彼が『キム秘書はいったい、なぜ?』では今までにない役を演じることになった。そこにパク・ソジュンの辛さがあった。
しかし、徐々に変化していったという。
パク・ソジュンが語る。
「今回演じたヨンジュンは、本来の私とは正反対の人間だと思います。でも、自分を愛そうと思ったら、そのまま愛することができるんですよ。結局、ドラマを通して自分が変わったみたいです」




こう語るほどヨンジュンというキャラクターはパク・ソジュン本人に強い影響を与えているのだ。
それは、俳優としての多様性を広げる効果も生んでいる。
変化は確実にパク・ソジュンに訪れているのだ。
(ページ2に続く)

パク・ソジュンとパク・ミニョンの共演が『キム秘書』を傑作に導いた!

パク・ミニョンは『キム秘書はいったい、なぜ?』について何を語ったか

ナルシストを演じさせたら『キム秘書』のパク・ソジュンが最高だ!

パク・ソジュン!学生時代に兵役を終えて思う存分に俳優活動に打ち込める

パク・ソジュン主演『キム秘書』の会食シーンが面白すぎて凄い!

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る