今後の展開が見逃せない!イ・ミンホ主演『ザ・キング:永遠の君主』

 

4月17日から韓国SBSとNetflixで同時放送されているイ・ミンホ主演の『ザ・キング:永遠の君主』に日韓で注目が集まっている。このドラマで、イ・ミンホはどんな役を演じているのだろうか。




イ・ミンホの姿に魅了される

イ・ミンホのカムバック作品として大注目された本作は、『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』の作家キム・ウンスクの最新作で、パラレルワールドが舞台の壮大なファンタジードラマだ。パラレルワールドとは、今、私たちが生きている世界と同時進行のもう一つの世界を指し、自分と同じ顔の人物、いわばドッペルゲンガーがもう一つの世界で同時期に生きているということ。
本作は『太陽の末裔』のペク・サンフン監督が演出を担い、キム・ウンスク作家とのシナジー効果で最終的に『トッケビ』越えを狙えるかどうかにも関心が高まっている。
『トッケビ』にハマったファンなら大好物であろう世界観が満載で、序盤から魅了されること間違いなしだ。なにしろ彫刻のように美しいイ・ミンホが“大韓帝国”の皇帝イ・ゴンとして、本物の白馬に乗って現代の光化門広場に現れてしまうのだから。
韓国では、初回放送直後からネット上で「こんなに素敵な皇帝なら、その国に税金を納めて暮らしたい!」など、熱烈な書き込みが相次いだ。イ・ミンホのあまりにも高貴な皇帝の姿に多くのファンが魅了された。




また、共演が『トッケビ』のキム・ゴウンということで、ますます『トッケビ』を彷彿させる雰囲気を醸し出しているものの、本作ではキム・ゴウンが一人二役という破格の演技で、視聴者をより一層楽しませている。
(ページ2に続く)

いよいよ始まる!イ・ミンホの新ドラマ『ザ・キング:永遠の君主』

イ・ミンホ主演『ザ・キング』に集結したメンバーがすばらしい!

大物脚本家が自信作の主演にイ・ミンホを指名した理由とは?

イ・ミンホが「最強のトライアングル」で新作に取り組む!

注目の復帰作!イ・ミンホ主演『ザ・キング:永遠の君主』

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る