カテゴリー:ヘルシー

  • 唐辛子(とうがらし)を食生活に上手に取り入れる

    唐辛子は、もともとメキシコが原産地だった。15世紀の末にコロンブスがタバコとともにヨーロッパに持ちかえり重宝されるようになった。そして、16世紀から17世紀にかけて日本や朝鮮半島にも持ち込まれた。ただ…
  • ニンニクにはどんな効能があるのか

    ニンニクに栄養がたっぷり含まれていることは誰でも知っているだろう。しかし、「具体的にどう健康に効果があるのか」という点では、意外と知らない人も多いのではないか。この機会にニンニクの効能を理解しておこう…
  • 野菜はなぜカラダにいいのか?

    野菜の栄養素は折り紙付き。誰に聞いても「野菜が健康にいい」というのはわかっていることだろう。でも、イメージだけでなく「なんでからだにいいの?」ということがしっかり頭に入っていないと、本当のありがたみが…
  • キノア(Quinoa)とは何か/ダイエットに活用できるスーパーフード

    アメリカのスーパーモデルが食べていることで大人気になった「キノア」。最近ではアメリカの歌姫ケイティ・ペリーがレッドカーペットでキノアを歯にくっつけたままポーズをとり、大写しになった自分のビッグスマイル…

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る