浅草を気ままに歩く(前編)

浅草寺の縁起

gEcMEAcjj_CfGZa1463382839_1463383017

浅草寺の名を高めたのが、実は徳川家康だった。
豊臣秀吉が権勢をふるった時代、関東に移封された徳川家康は江戸に入府すると、江戸城の鬼門にあたる浅草寺を祈願所に指定し、寺領五百石を与えて保護した。
さらに、慶長五年(一六〇〇年)、関ヶ原合戦の前、家康は勝利を浅草寺で祈念している。その願いが成就して、浅草寺は全国の武将から信任を得た。以後、浅草寺の名は全国に轟いた。
それは今も変わらない。大勢の参拝客がひっきりなしに本堂の中に入っていく。
本尊は観世音菩薩。「願えばご利益がある」という観音信仰。このわかりやすさが、多くの老若男女を集める。
私もご利益にあずかりたいが、まだ中には入らない。その前に、浅草寺の縁起について語らせてもらう。
その昔、といっても今から一四〇〇年ほど前だが、檜前(ひのくま)という姓を持った浜成(はまなり)、竹成(たけなり)の兄弟が隅田川で漁をして暮らしていた。
ある日、いくら頑張っても、網に魚がまったくかからなかった。そういうツイてない日があるもんだ。兄弟がションボリしていたら、ようやく網に何かが引っかかった。重いからよほどの大物だろう、と喜んで引き上げてみると、なんと仏像だった。
兄弟は仏像の価値がわからないので、ガッカリしてすぐに川に捨ててしまった。けれど、この仏像はしつこい。兄弟が何度も場所を変えて網をしかけても、その度に仏像が引っかかる。
そのうち、兄弟も仏像がただものではないと気づき、地元の博学として知られた土師中知(はじのなかとも)に見せた。すると、それがりっぱな観世音菩薩であることがわかった。(ページ4に続く)

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…
  3. 関ケ原といえば、天下分け目の決戦の代名詞。古戦場は東海道線の関ケ原駅から近い。東…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る