浅草を気ままに歩く(後編)

 

浅草寺の本堂の左側の掲示板をふと見ると、黒い板に白抜きで書かれた表示板があり、主要な行事が列挙されている。朝座は四月一日から九月三十日までが朝六時からで、十月一日から三月三十一日までは朝六時半から。昼座は通年で午前十時から、夕座は通年で午後二時から行なわれている。毎月一日の午前十時からは大般若経転読会がある。

お正月の浅草寺のにぎわい

お正月の浅草寺のにぎわい

かつて五重塔はなかった

今日は二月一日である。ということは、大般若経転読会が午前十時からある。時計を見ると午前九時三十分。なんという好都合。しばらく境内をグルリと回って午前十時を待つことにした。
目の前には、五重塔が建っている。
京都や奈良の古い寺でかなり五重塔を見てきた経験から言って、浅草寺の五重塔は新しすぎる。新米同然だ。それもそのはず。昭和四十年代、私がよく浅草寺の境内をブラブラしていたときは五重塔はなかった。案内板を見ると昭和四十八年に再建されたと記されている。
そういえば、私が大学に入るころに工事をしていた。あれから四十年以上か。今では境内に五重塔がそびえているのが当たり前の光景となったが、私にとっては、今あるものが姿も形もない時代の記憶も残っている。それがまた、五重塔を見るときに、何かくすぐったいような違和感をもたらすのだが……。
昭和二十年に空襲で焼失した本堂が再建されたのが昭和三十三年。以後、雷門が昭和三十五年、宝蔵門が昭和三十九年、五重塔が昭和四十八年。日本経済の高度成長の中で浅草寺の主要施設が次々と再建されている。昭和三十三年以前の浅草寺には、一体何があったのだろうか。
寒々とした風景が広がっていたのではないだろうか。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る