浅草を気ままに歩く(後編)

DSCF6374

浅草寺の僧侶たちがゆく

大般若経転読会が始まる

教典を箱の中から順番に取り出して、全員が一巻ずつアコーディオンのようにパラパラめくっていく。一巻ごとに全頁が紙でつながっていて、それを花が開くように顔の上で開いていく光景は壮観だった。
それが終わると全員でお経を読む。ドンドンと打ち鳴らされる太鼓の中でお経は重奏的に共鳴する。聞いていると魂を揺さぶられるかのようだった。太鼓を叩く人は口を“へ”の字に結んでつまらなそうな顔をしていたが、すごくいい音を出していた。
いつまでも聞き惚れていたかったが、次第に集中力が散漫になってきた。正座がつらくなってあぐらをかきたくて仕方がなかったのだ。しかし、それが憚れる雰囲気があったので、最後まで正座を通した。
ちょうど20分ですべてが終わった。すぐにほとんどの参列者は帰ったが、残った人たちは祭壇の後ろに用意された場所で小さな賽銭箱にお金を入れて焼香した。私もその一人だった。
見果てぬ夢にすべてを託すような気持ちになった。
帰り際、太鼓を叩いていた人が後片付けをしていた。
私は近寄って聞いてみた。
「先ほど、僧の方々がアコーディオンのようにお経の本を開いていましたけど、あれはいったい何をやっていたんですか」
「今日は転読会ですから、あのようにお経を順に開いていたんです」
「一巻ずつ開いていって、一応読んだことにするということですか」
「そう考えればわかりやすいと思います」
確かに、五十巻もある経典を正確に読んでいたら何時間かかるかわからない。一巻ずつアコーディオンのように開いて閉じるということを繰り返して読んだことにすれば、わずかな時間で終わるのである。
「なるほどなあ」
大般若経も転読すれば二十分か、と妙に感心した。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
出典=『東京下町 こんな歩き方も面白い』(康熙奉・緒原宏平著/収穫社発行)

ページ:
1 2 3 4

5

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る