愛と別れの恋愛博物館〔第2回〕

国際的な大問題

いよいよグレースがカンヌに到着した。ギャラントは、アメリカ映画のカンヌ駐在員を通して、グレースにぜひともレーニエ大公に会ってくれるように懇願した。しかし、グレースはモナコという国自体をよく知らない様子で戸惑いを隠さなかった。

モナコはフランスの地中海沿岸にある小国で、当時の人口は2万8000人。アメリカ人の多くが、モナコとモロッコを混同するほどに知名度は低かった。

さらに悪いことに、レーニエ大公が指定してきた日が、アメリカの映画関係者が主催するレセプションと重なってしまった。レセプションの主役はもちろんグレース。そのレセプションが夕方5時からなのに、レーニエ大公と会う予定は4時だった。カンヌからモナコは車で1時間はかかるので、時間的にはまったく無理な話となった。

しかし、ギャラントの執念は凄まじかった。レーニエ大公にお願いして時間を3時に繰り上げてもらうと、今度はグレースに向かって「レーニエ大公が約束時間の変更にまで応じているのに、あなたが会わないと言いだしたら、国際的な大問題になりますよ」と半ば脅迫じみた言葉でグレースに迫った。「国際的な大問題」という言葉に不安を募らせたグレースは、ようやくレーニエ大公に会うことを承諾した。

しかし、まだまだ紆余曲折があった。なんと当日になって、ギャラントはグレースから「キャンセルしてほしい」と言われた。

理由は、荷をほどいたらフォーマルドレスはしわだらけでまともに着られるものがないということと、髪を洗って乾かそうとしたらホテルがストライキ中で電気がつかないということだった。

ギャラントが駆けつけると、グレースは濡れた髪のままで狂乱状態になっていた。髪のほうは、櫛でとかしながら乾かして束ねれば何とかなりそうだった。ドレスは仕方がないので、しわが最も少ないものを着ることにした。流行の先端を行く派手なドレスで、本来王族に拝謁するにはふさわしくなかったが、背に腹はかえられなかった。それよりも、問題なのは帽子がないことだった。

「帽子なしでは大公の前に出られないんですよ」

ギャラントは顔面蒼白になりながら言った。

「帽子は一つも持ってきていないの。どうしたら、いいのかしら」

買いに出ることも不可能だった。南フランスでは、どの店もきまって2時間の昼休みを取る。時間はまさに、その昼休みのど真ん中だった。

この大ピンチを救ったのは、同席していたスタイリストだった。彼女は、グレースが持っていた造花のヘアバンドをバラバラにし、花を並べかえて巧みに帽子らしきものにつくり変えた。

「アメリカで大流行しているといえば、大公も納得するよ」

そう言って、ギャラントは胸をなでおろした。(ページ3に続く)

ページ:
1

2

3 4 5 6

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る