愛と別れの恋愛博物館〔第2回〕

騒乱のロイヤル・ウェディング

レーニエ大公とグレースの結婚式は、厳粛で神聖なものになるはずだった。レーニエ大公も「身内だけでひっそりと結婚したい」と希望していた。

しかし、「20世紀最大」といわれたロマンスをマスコミが黙って見ているわけがない。その3年前に行なわれたエリザベス女王の戴冠式を上まわる1500人の記者やカメラマンが集まり、さらに把握できないほど多数の観光客が押しかけて混乱に拍車をかけた。

それにもかかわらず、レーニエ大公はプレスルームも設けず、記者会見も開かなかった。写真を撮る機会さえも奪われたカメラマンたちの不満は爆発し、警備陣との殴り合いも随所で見られた。ついにグレースに直訴するカメラマンも現れた。

「私たちの声を聞いてください。まるで浮浪者のような扱いを受けているんです!」

マスコミに対する冷たい仕打ちは記者たちを怒らせ、はらいせにモナコのことを「荒廃したみすぼらしい国」などと酷評する記者もいた。

レーニエ大公が「結婚式を営利目的に利用したくない」とコメントを発表すると、記者たちは「こんな滑稽なことは久しく聞いたことがない」と嘲笑する始末だった。

こうした混乱の中で、レーニエ大公とグレースの結婚式は1956年4月18日、24カ国83人の代表が居並ぶ中、モナコ王宮の「王冠の間」で行なわれた。翌日にサン・ニコラ大聖堂で神に結婚を誓った2人は、王室専用のヨットを地中海に浮かべて、逃げるようにハネムーンに出発した。

2人は疲れ切っていた。港で見送る人たちの姿が見えなくなると、2人はデッキチェアに崩れ落ちた。

「早くこの結婚式のことは忘れたい。そうでないと、ずっと悪夢にうなされそうだ」

現代のおとぎ話には、最後までマスコミという野獣がついてまわることを、レーニエ大公とグレースはつくづく思い知らされた。

 

〔その後〕

結婚後のグレースは1男2女を出産。赤十字活動にも尽力するなど、

王妃としての務めを十分に果たし、モナコ国民からも尊敬を集めてい

た。しかし、1982年9月、モナコ国境に近いフランス南部の山道

で自動車事故に遇い、53歳の生涯を閉じた。息を引き取ったのは、

くしくも自分の名を冠した「グレース王妃病院」だった。

ページ:
1 2 3 4 5

6

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る