人はなぜマラソンを走るのか(前編)

ffffffff

マラソンの歴史に名をとどめた人たちのエピソードを通して、人間がマラソンとどう関わってきたかを辿ってみたい。それは、走ることで自分自身と必死に闘ってきた者たちの歴史でもある。人はなぜ走るのか。その永遠のテーマに果たして答えはあるのだろうか。

走りきったときの感動!

走ることは最も個人的な営みである。

誰かから逃げるにしても、何かを追いかけるにしても、人は走っているときが最も自分らしくなれる。なぜなら、その瞬間は地球上でたった1カ所、流れていく自分だけの空間に身をおくことができるからだ。

頂上が高ければ高いほど、登り切ったときの感激は大きい。同じことが走る距離にもいえる。42・195キロメートルで真に納得する走りができれば、全身にこみあげてくる快感は他と比べものにならない。

1996年アトランタ五輪の女子マラソンで銅メダルを獲得した有森裕子は、直後のインタビューでとっさに「自分で自分をほめてあげたい」と語った。その言葉は流行語にもなったが、前人未踏の道をゆくがごとき自己陶酔の極致から、自然にこぼれた珠玉の名言でもあった。

たとえ、長命を全うできる人でも、自分に感動するということは人生に何回もあることではない。しかし、あのときの彼女は素直に自分に感動していた。想像を絶する苦しい練習に堪え、レースで満足のいく結果を出したことが、「自分で自分をほめてあげたい」という言葉になった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る