絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

穏やかな表情

「イ・ヨンというキャラクターは、少し気難しくて堂々としているのですが、内面はとても力強くて温かさを持っている人物です。一見すると冷たそうに見えても、内面はそうではないというところに魅力を感じました」
「また、年は若いのですが、非常に強靭な心を持っているというところでも学ぶことがたくさんありました」




言葉の一つひとつにインテリジェンスを感じさせるパク・ボゴム。発言を終えて通訳の人が日本語で話しているとき、ジッと待っている姿も絵になっていた。何よりも、穏やかな表情に癒される。
日本でも多くのファンを獲得するに違いない。
そんなパク・ボゴムは、アジア各国でファンミーティングを開催している中でも日本では独特な雰囲気を感じるという。
それは何なのか。
「日本のみなさんは、とても優しくて温かいと感じました。お互いを尊重しあって気遣っている姿にとても感動しました」
1993年生まれのパク・ボゴム。この若さで、すでに人間としての深みを大いに感じさせてくれた。

文=「ヨブル」編集部

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

ヒョンビンとソン・ジュンギ!兵役で名をあげた俳優

まだ見てなければ絶対に見ておきたい『太陽の末裔』

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る