朝鮮王朝最高の名君だった世宗(セジョン)

忠寧の即位

2人の兄から権利を譲られたことにより、忠寧が後継ぎとなり、1418年に4代王・世宗として即位した。しかし、王になったばかりで経験が浅かった世宗だが、実際に実権を握っていたのは父親の太宗だった。そのため、太宗が王だったときと何も変わっていなかった。




1422年、太宗が世を去ったことにより、世宗が正真正銘の王となって実力を発揮した。もともと聡明だった彼が持つ指導力は、政治や経済など幅広く及んだ。さらに世宗は、王に何か不備があったとき混乱しないように国権を分散して、後継ぎにも一定の権力を渡している。
彼は、本来なら厳しい身分制度によって、今までできなかった「身分の低い人にも役職を与えて出世させる」ということを行なうなど、人事活用の面でも優れた才能を発揮した。(ページ3に続く)

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

俳優チャン・グンソクは『テバク』で何を得たのか

ページ:
1

2

3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る