これが冬の新しい定番!韓国コスメ・ファンデーション

 

日本中に広まった韓国コスメのBBクリームやCCクリーム。この冬もっと新しい形のファンデーションに変えてみませんか?

スキー場でファンに挨拶するチェ・ジウ。冬の透き通った肌と言えば彼女が有名

クッション・ファンデ

1分も争う戦争のような忙しい朝に素早く簡単にメイクすることができるクッション・ファンデにかなうものはないですね。簡単なメイクですが、カバー力、持続力もあり、一般的なファンデーションに劣るところもない。
クッション・ファンデはコンパクトにスポンジ内蔵されている液体ファンデーションをパフにプッシュしてとり、肌にポンポンのばして仕上げていきます。透明なツヤと光彩、さっぱりとした仕上がり。軽くてカバー力があり、コンシーラーも不要。化粧直しもいらないほどの持続力が人気の秘密です。ピタッと滑らかに密着して、より薄くて軽い皮膚を表現します。




韓国ではIOPE(アイオペ)からはじまり、HERA(ヘラ)などから人気商品も出て、今や海外ブランドのほとんども製品化しているほど。認知度も高く、年齢を問わず人気があります。
ハリウッド・セレブリティーのパリス・ヒルトンはSNSでHERAのミスト・クッション・ファンデをポスティングしました。
簡単便利なその手軽さと持続力も大きな特徴であり、忙しい人や面倒くさがりやさんにオススメ。(ページ2に続く)

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

ハリウッド・セレブのビューティー・シークレット〔絶妙ヒント編〕

アメリカ発!5歳若く見えるアイテム5〔フェイス編〕

イギリス発!冬のドライ肌に要注意(毎日ケア編)

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…
  3. 関ケ原といえば、天下分け目の決戦の代名詞。古戦場は東海道線の関ケ原駅から近い。東…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る