今の韓国ドラマなら『トッケビ』を絶対見たい!

人間には四度の生がある

『トッケビ』にはもう一人重要な人物、死神(イ・ドンウク)が登場します(あえて名前は明記せず、ここでは死神と称しておくことにします)。
死神は現世での生を終えた人を天界へ引導する仕事をしています。
この作品を見て、死は“死”ではなく“生を終える”という言葉のほうがふさわしいのではないかと思うようになりました。
劇中では「人間には四度の生がある」とされています。この言葉を信じたくなる人には、信じるに値するほどの世界観がこの作品には実にうまく描かれています。
「神は質問をするだけ、運命とは神が投げかける質問だ。答えはおまえたちが見つけなさい」
このセリフには衝撃を受けました。




このドラマが伝えたかったメッセージの一つがこのセリフに隠されているのではないでしょうか。
この言葉を誰が言っているのかにも注目ですし、この言葉によってトッケビや死神の心が徐々に変化していく様も見どころです。
また、私たちは何か事が起こると、これは運命だからとか、神様が決めたことだからとか、ただ受け入れるだけでなく、不平不満を言ったり、それに甘んじたりするものですよね。
私たちのそんな行動を神様はいつも近くて見ているのだ、とこの作品は教えてくれたような気がします。
「神様から授かった運命をどうするのかは、すべて自分自身に掛かっている」
そういう意味なのかもしれません。(ページ4に続く)

〔紹介〕『鬼<トッケビ>』で演技を絶賛されたコン・ユ

ページ:
1 2

3

4

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る