2018年版「ベスト・コスメ」/イザノックス&ハクスリー編

「クレンジングウォーター ビークリーン ビーモイスト」

ハクスリーのアイテム

今度は、洗浄力と保湿力を兼ね備えた逸品を紹介しよう。
それが、ハクスリーの「クレンジングウォーター ビークリーン ビーモイスト」だ。しっとりとした仕上がり感が実にいい。
他のクレンジングウォーターに比べて皮膚刺激が少なく、豊富な水分を供給することが特徴になっている。




特にサボテンシードオイルは、1リットルを抽出するために36時間で100万個の種子を集めて手作業で丁寧に採取した成分。サボテンの強靭な生命力をそのまま含んでいるという。
この他にも、水分の損失を防ぐヒアルロン酸が入っていて、老廃物をきれいに除去してツッパリ感なくしっとりとした肌に導く。

文= YooMin Kang
資料=『Allure Korea』

2018年版「ベスト・コスメ」/トニーモリー編

2018年版「ベスト・コスメ」/ニスル&雪花秀編

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

これが冬の新しい定番!韓国コスメ・ファンデーション

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. 家庭で簡単に自家製のタレを作って、焼肉店の味を再現してみよう。実は、オリジナルの…
  2. パク・ボゴムとキム・ユジョンが主演した『雲が描いた月明り』。原作はウェブ小説だが、物語には様々な歴史…
  3. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る