光宗(クァンジョン)!高麗王朝4代王の実像

不退転の覚悟

科挙にも反対論が多かった。
その背景を見てみよう。
建国初期の高麗王朝は、官職に就くための条件として、能力ではなく家柄を重視する傾向が強かった。
すると、無能な者が出世してしまう。実際に、人材面で弊害が多かった。
そこで、光宗は科挙を導入して、家柄中心主義から人材中心主義に方向を転換した。これは効果的だった。有能でやる気のある人たちが政治の表舞台に登場し、王朝はますます活性化されるようになった。




しかし、家柄がいい人たちにとって、科挙は迷惑このうえなかった。
奴婢按検法と科挙。光宗が取り入れた2つの画期的な法と制度は、既得権層の反発を呼んだ。
それでも、光宗は強気だった。
逆らう者たちを次々に投獄して、光宗は強い決意を見せた。
「王朝にとって豪族の存在が命取りになる。なにがなんでも、豪族の力を弱めなくてはならない」
光宗は不退転の覚悟で自分の政策を推進していった。(ページ3に続く)

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

粛宗(スクチョン)の母が張禧嬪(チャン・ヒビン)を王宮から追い出した!

ページ:
1

2

3

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る