文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

体調を崩した仁宗

1545年、文定王后は仁宗を呼び出した。祭祀を終えた仁宗は、文定王后のもとへ向かおうとする。しかし、このとき彼は体調を崩していた。
臣下たちは王が無理しないように止めたのだが、息子として行かなければならないと思っていた仁宗は、臣下たちの意見を無視した。
文定王后は、王である仁宗に対してずっと冷たい態度を取っていたが、このときは違った。




彼女は、自分の部屋を訪れた仁宗をにこやかな笑顔で迎えた。仁宗は、今まで冷たい態度を取っていた文定王后の機嫌がいいことを喜び、差し出された餅を食べた。
仁宗は即位直後から体調を崩していたが、文定王后のもとを訪れた後に症状が悪化してしまう。
下痢や高熱を発したうえで気を失ってしまった仁宗は、医師たちの治療によってなんとか意識を取り戻したが、絶対に安静にしていなければならなかった。
そのような状況にもかかわらず、文定王后は王の見舞いに行こうとはしなかった。それどころか、外出騒ぎを起こして臣下たちを混乱させた。
(ページ3に続く)

文定(ムンジョン)王后ほどの悪女が他にいたのか

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(文定王后編)

文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?

2人の悪女!文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る