朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

対照的な最期

共に悪事に手を染めてきた同志が死んで、尹元衡は悲嘆に暮れたが、それは後の祭りであった。
この男も長く生きる価値がない人間だ。結局は自分の弱さに負けた尹元衡は、鄭蘭貞の墓の前で自決した。
この「墓の前」というのが、尹元衡の嘆きを端的に物語っていた。
結局は、権力をもつ人に頼りきって生きるしかすべがない2人だった。文定王后の死は同時に、鄭蘭貞と尹元衡の死を意味していた。




しかし、皮肉なものだ。文定王后は暖かな布団の中で安らかに息を引き取り、鄭蘭貞と尹元衡は最悪の形で絶命した。
後ろ楯がなければ何もできない者たちの最期は哀れだ。
振り返ってみれば、鄭蘭貞の人生は、あまりに私利私欲に偏っていた。その弊害は、朝鮮王朝の政治にも深い傷を残した。
そういう意味では、『女人天下』での描き方と違って、鄭蘭貞は「朝鮮王朝三大悪女」の中で、一番救いようがない悪女だったとも言える。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

女帝の手先として暗躍した鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

鄭蘭貞(チョンナンジョン)の人生は悪に染まっていた

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

史上最悪の夫婦!鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と尹元衡(ユン・ウォニョン)

康 熙奉(カン ヒボン)

1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

鄭蘭貞について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著〔実業之日本社/900円+税〕)

ページ:
1 2 3

4

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る