悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

思悼世子(サドセジャ)

帰国後の昭顕世子と仁祖は険悪な仲になり、わずか2カ月で昭顕世子は急死してしまった。一説によると、仁祖とその側室によって毒殺されたという。
もし、昭顕世子が王になっていれば、朝鮮王朝はどうであっただろうか。
先進の文明を取り入れて改革が成功したかもしれない。そういう意味では、大変惜しい急死であった。




2人目は、思悼世子(サドセジャ)である。
21代王・英祖(ヨンジョ)の息子であり、小さいころから神童と呼ばれるほど頭脳明晰だった。
しかし、当時の主流派閥だった老論派(ノロンパ)を批判したために、極度に老論派から警戒されてしまった。
思悼世子自身にも問題があり、素行が悪かった。側近に暴力を振るったり、側室を殺したりしたこともあった。こうした素行の悪さが老論派によってさらに歪められて英祖に報告された。
これによって、思悼世子と英祖の親子関係が極度に悪化した。最終的に思悼世子に王位を譲れないと考えた英祖が、息子に自害を命じた。
しかし、思悼世子はひたすら謝罪するばかりで自害しなかったので、英祖は米びつの中に息子を閉じこめてしまった。
結局、その中で餓死してしまった思悼世子。世子の無残な死は、朝鮮王朝の中でも最大の悲劇と言われている。
(ページ3に続く)

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)に自決を命じた!

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

イ・ヨンは祖父のイ・サンのような名君になる素質があった!

ページ:
1

2

3

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る