飲みすぎた身体を立て直す海鮮チヂミを作ろう

 

海鮮チヂミには、肝機能をアップするタウリンがたくさん含まれている。美味しくて栄養も満点……しかも、気軽に作ることができる。料理が得意な人もそうでない人も、どんどん作ってみよう。




栄養の宝庫

チヂミは日本でいえばお好み焼きのようなものだが、韓国では非常によく作る料理で、ありふれたおかずとして食卓によく並べられる。
主な具はネギを初めとした野菜類だが、牛の挽き肉、魚の白身、イカ、タコなどもよく使われる。
その中で、今回はイカ、タコ、ホタテを使った海鮮チヂミを取り上げたい。コンガリと焼きあげて特別に作ったタレで食べると本当に美味しい。
それだけではない。正月などで飲みすぎた人に、栄養的にも海鮮チヂミがお勧めだ。
その理由は何か。
イカ、ホタテ、タコなどの魚貝類には、亜鉛、ビタミンE、タウリンが豊富に含まれるが、これらが飲みすぎたからだにとてもヘルシーなのだ。




特に、ビタミンEは血行を良くするとともに抗酸化作用がある。また、タウリンは肝機能を高める働きがある。
早速、海鮮チヂミを作ってみよう。
(ページ2に続く)

寒い時期こそホッカホカのカムジャタンを簡単調理で作ってみる!

チーズがたっぷり入ったプデチゲが旨い!

キムチを入れるとチーズタッカルビが本当においしい!

〔紹介〕作ってみよう!キムチチゲ

〔紹介〕作ってみよう!スンドゥブチゲ

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る