燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)!王朝を混乱させた2人の王

廃位となった燕山君

朴元宗が中心となってクーデターが起こった。燕山君は多くの人の怨みを買っていたので、彼を守ろうという人はいなかった。クーデター軍が王宮にやってくると、護衛兵はみんな逃げてしまった。
ただし、いくらひどい王でも追放するとなると大義名分が必要だ。そこでクーデター軍がかつぎあげたのが、燕山君の異母弟の晋城大君(チンソンデグン)だった。彼も燕山君から相当にいじめられていた。




晋城大君の協力をとりつけようとしてクーデター軍が彼の屋敷に行ったところ、本人は「兄がついに殺しにきた」と早とちりして自決しようとした。妻が必死に止めた結果、何とか事なきを得た。
しかし、晋城大君はクーデターに反対した。兄を追放して王になることが怖かったのだ。それでも説得されて最後にようやく承諾し、クーデターの成功後に彼は11代王・中宗(チュンジョン)になった。
燕山君は島流しとなり、わずか2カ月で病死してしまった。
(ページ3に続く)

中宗(チュンジョン)!優柔不断な国王

張緑水(チャン・ノクス)!朝鮮王朝三大悪女の浪費ざんまい

燕山君(ヨンサングン)が廃位となり中宗(チュンジョン)が王になった!

燕山君(ヨンサングン)の側室の張緑水(チャン・ノクス)は朝鮮王朝三大悪女で一番強欲!

最悪の暴君と呼ばれた燕山君(ヨンサングン)は何をしたのか

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る