2PMテギョンは大丈夫だけれど「助教」はとかく恨まれる!

テギョンの場合は?

助教は、ときには「憎まれ役」を買って出なければならない。
しかし、誤解を生むこともある。つまり、助教に厳しいことばかり言われた新兵が、その助教を非常に恨むという事態も起こりうるのだ。
実際、除隊した人が新兵訓練のときに厳しかった助教に仕返しをした、という事件も何度か起きている。
そういう意味では、助教は恨みを買いやすい立場なのだ。




みんながそれを知っているから、「助教になれ」と打診されると、表情が曇ってしまうのだ。
しかし、恨みを買うのは、理不尽に対応した助教だけである。2PMのテギョンの場合は、本当に新兵のことを考えて親身に接していることだろう。それだけに、恨みを買う筋合いはない。
その点では、ファンも安心して大丈夫。なお、テギョンは2019年5月16日に除隊する予定だ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

除隊した芸能人を待ち受けている予備軍の訓練とは何か

兵役中に芸能人はどんなふうに過ごしているか

除隊が近づくと芸能人は部隊でどう過ごしているか

芸能人の兵役がこんなに影響される3つの変化とは?

芸能人の兵役延期のリミットは今や28歳?

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る