ついに最終回!『オクニョ』が描く時代背景はこうなっていた

 

NHK総合テレビの『オクニョ 運命の女(ひと)』。4月28日の放送で最終回となった。このドラマの総まとめとして、ドラマが描いていた時代の特徴について解説してみよう。




絶大な権力

『オクニョ』は、朝鮮王朝の1550年代と1560年代を描いていた。歴史的に言うと、当時は13代王の明宗(ミョンジョン)が統治していた。
しかし、この明宗にはほとんど実権がなかった。なぜなら、母親の文定(ムンジョン)王后が明宗の後見人として絶大な権力をふるっていたからだ。
文定王后は、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の王妃である。歴史的にも悪女としてよく知られている。
実は中宗の次に王位を継いだのは、彼の二番目の正室だった章敬(チャンギョン)王后が産んだ仁宗(インジョン)であった。
この仁宗は、中宗の長男として1544年に即位したのだが、わずか8カ月で急死している。文定王后が自分の産んだ明宗を王に就けたいがために、仁宗を毒殺したという疑いが非常に強い。
結果的に、仁宗のあとに明宗が即位して、文定王后は絶大な権力を行使できるようになった。これが朝鮮王朝にとって不幸だった。




その文定王后の弟が尹元衡(ユン・ウォニョン)だ。彼は、能力的に凡庸なのだが、姉の文定王后の引き立てによって政治の中枢を担っていた。
この尹元衡の妾だったのが鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)で、「朝鮮王朝三大悪女」の1人に数えられる女性だ。彼女は、文定王后の手先として王宮の中で様々な悪に手を染めたと言われている。
(ページ2に続く)

『オクニョ』で強烈な悪女として描かれた文定(ムンジョン)王后!

『オクニョ』でチン・セヨンが扮した茶母(タモ)とは何か?

『オクニョ』を通して朝鮮王朝の制度と王家の何がわかったのか?

『オクニョ』の悪徳夫婦の最期はドラマと違って史実ではどうだった?

最終回が間近の『オクニョ』で一番の悲劇をこうむった人物は?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る