朝鮮王朝の27人の国王の中で評判が最悪なのはこの5人!

屈辱的に王位にしがみついた2人の国王

◆仁祖(インジョ)
〔1595~1649年〕
16代王。在位は1623~1649年。即位前は綾陽君(ヌンヤングン)と言われた。1623年、光海君(クァンヘグン)を追放して即位したが、反乱なども起こり、苦しい王政を強いられた。1636年に清に攻められ、1637年に降伏。清の皇帝の前で頭を地面にこすりつけて謝罪した。朝鮮王朝の27人の国王の中で、仁祖ほど屈辱を受けた人はいない。庶民からも「あまりにだらしがない」とさげすまれた。




◆哲宗(チョルチョン)
〔1831~1863年〕
25代王。在位は1849~1863年。元範(ウォムボム)という名でも知られる。21代王・英祖(ヨンジョ)の4代下の直系で、米びつに閉じ込められて餓死した思悼(サド)世子の曾孫。王族とはいえ、江華島(カンファド)で農民をしていたが、23代王・純祖(スンジョ)の正妻だった純元(スヌォン)王后の指名によって18歳で王位に上がった。学識に欠けて権力もなかったことから、お飾りとして玉座に座らざるをえなかった。酒と色に溺れ、歴史的にも著しく評価が低い国王であった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

即位してから評判が最悪だった仁祖(インジョ)!

最悪の暴君と呼ばれた燕山君(ヨンサングン)は何をしたのか

燕山君(ヨンサングン)が廃位となり中宗(チュンジョン)が王になった!

仁祖(インジョ)は貞明公主(チョンミョンコンジュ)に特別待遇を与えた!

首陽大君(スヤンデグン)は甥から王位を奪って世祖(セジョ)になった!

決起した首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)は何をしたか

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る