国王よりも強かった「女傑の五大王妃」は誰か?

朝鮮王朝後期の2人

◆明聖(ミョンソン)王后
〔1642~1683年〕
18代王・顕宗(ヒョンジョン)の正妻で、19代王・粛宗(スクチョン)の母であった。張禧嬪(チャン・ヒビン)の欲望に気づいて、彼女を王宮から追放したこともある。また、性格が勝ち気で、王朝の最高会議に出て自ら政治を仕切ろうと試みた。1683年、粛宗が原因不明の病にかかったとき、助けたい一心で、真冬にもかかわらず水浴びの苦行を続け、それが元で亡くなった。




◆純元(スヌォン)王后
〔1789~1857年〕
23代王・純祖(スンジョ)の正妻で、『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨンのモデルとなった孝明世子(ヒョミョンセジャ)の実母だった。純元王后は、実家の安東(アンドン)・金(キム)氏が重職を独占する際に重要な役割を果たした。また、25代王・哲宗(チョルチョン)を即位させるために暗躍し、王室の権力をほしいままにした。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

朝鮮王朝で一番美しい王女と呼ばれた敬恵(キョンヘ)王女

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

国王になれなかった「悲劇の五大世子」とは誰か

朝鮮王朝で業績を残せなかった「5人の国王」とは誰か

朝鮮王朝の27人の国王の中で評判が最悪なのはこの5人!

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る