燕山君(ヨンサングン)が廃位となり中宗(チュンジョン)が王になった!

恨みを持った男

燕山君の暴政はどんどん酷くなり、国の財源は枯渇。庶民たちは飢えに苦しむようになった。
そんな状態でも、燕山君は毎日のように贅沢な宴会を開き続けた。力なき人々は、燕山君の統治が終わるのを願うことしかできなかった。
不満が高まると、燕山君の王位を剥奪しようとする動きが各地で起こり始める。もっとも大きなクーデターを企てたのが、朴元宗(パク・ウォンジョン)だった。




燕山君に恨みをもつ者は多かったが、林元宗の怒りは格別だった。
彼の姉は燕山君の伯父に嫁いでいた。
しかし、並はずれた美貌をもつがゆえに、燕山君に犯されてしまった。その結果、自害に追い込まれた。
林元宗は復讐を誓った。彼は同志の成希顔(ソン・ヒアン)と一緒に、燕山君廃位の計画を練り始めた。
彼らは仲間を集め、1506年9月1日を決行日に選んだ。大義名分を得るために燕山君の異母弟である晋城大君(チンソンデグン)を新たな王として擁立することにした。しかし、当の晋城大君はそのことを知らなかった。
(ページ3に続く)

燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)!王朝を混乱させた2人の王

最悪の暴君と呼ばれた燕山君(ヨンサングン)は何をしたのか

中宗(チュンジョン)!優柔不断な国王

燕山君(ヨンサングン)の次に即位した中宗(チュンジョン)は王の器でなかった!

燕山君(ヨンサングン)の側室の張緑水(チャン・ノクス)は朝鮮王朝三大悪女で一番強欲!

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はなぜ復位できなかったのか

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る