燕山君(ヨンサングン)が廃位となり中宗(チュンジョン)が王になった!

「反正」とは何か

クーデターの夜、何も知らない晋城大君の屋敷に数多くの人影が見えた。普段から燕山君に脅迫まがいの嫌がらせを受けていた彼は、それが異母兄からの刺客だと思い、死を覚悟した。
しかし、いつまでたっても攻め込んでこない。その結果、晋城大君はようやくクーデターの計画を知った。




一方、王宮に攻め込んだ林元宗たちは、驚くほどあっさりと燕山君のいる場所まで辿りついていた。クーデターの軍が突入すると、場内の兵士たちは我先にと逃げ出してしまったからだ。
命を賭けてまで燕山君を守ろうとする者はいなかった。その後、燕山君は江華島(カンファド)に配流となり、2カ月後に31歳で人生を終えた。
晋城大君は王位に就くことを嫌がったが、彼の母である大妃の説得に折れ、11代王・中宗(チュンジョン)として即位した。
このように成功した1506年の政変を「中宗反正(チュンジョンバンジョン)」と言う。
この「反正」とは、「間違いを正す」という意味だ。

構成=「ヨブル」編集部

燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)!王朝を混乱させた2人の王

最悪の暴君と呼ばれた燕山君(ヨンサングン)は何をしたのか

中宗(チュンジョン)!優柔不断な国王

燕山君(ヨンサングン)の次に即位した中宗(チュンジョン)は王の器でなかった!

燕山君(ヨンサングン)の側室の張緑水(チャン・ノクス)は朝鮮王朝三大悪女で一番強欲!

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はなぜ復位できなかったのか

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る