貞明(チョンミョン)公主!苦難を乗り越えて大地主になった王女

苦難の多い人生

貞明公主が息子に残した文書には次のように書かれてあった。
「私が願うのは、お前たちが他人の過ちを聞いたときに、まるで父母の名前を聞いたときのように耳だけにおさめて、口では言わないということだ。他人の長所や短所を取り上げるのが好きだったり、政治や法令を途方もなく言い争ったり……そんなことはとても憎むべきことである。さらには、死んだあとであっても、子孫の間でそんな行ないが起こったとは聞きたくない」




要約すれば、「人の悪口を言わない」「人の欠点をあげつらうな」「政治や法律で言い争うな」「子孫たちが仲良く暮らすように」ということだろう。
貞明公主の人生には苦難が多かった。その中で、彼女は必死に耐えて正しく生きてきた。そのことを彼女は子供たちに伝えたかったのだろう。
結局、貞明公主は控えめだが、芯の強い女性だった。
彼女は、1685年に82歳で亡くなっている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『華政』の主人公/貞明(チョンミョン)公主の人生!

仁祖(インジョ)は貞明公主(チョンミョンコンジュ)に特別待遇を与えた!

理不尽な仕打ちを受けた「悲惨な五大王妃」とは?

貞明公主(チョンミョン・コンジュ)の結婚!

数々の悲劇に耐えた貞明(チョンミョン)公主!

貞明公主(チョンミョンコンジュ)をいじめた狡猾な仁祖(インジョ)!

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る